中華 状元への道

zhuangyuan.exblog.jp
ブログトップ
2005年 06月 30日

日中問題?

’’我曾经跟日本朋友谈过。他们说,很对不起,日本皇军侵略了中国。我说∶不!没有你们皇军侵略大半个中国,中国人民就不能团结起来对付你们,中国...就夺取不了政权!"wikiquote

「私は日本の友達と話したことがあるんだよ。’’彼らは本当に申し訳ない、日本皇軍は中国に侵略しました’’と言ったんだよ。私はこう答えたよ。’’そんなことはない。君たちの皇軍が中国の大半を侵略しなければ、中国人民は団結して君たちに対抗することはなかったし、中国(共産党)は政権を奪取することはできなかったよ’’と」

これは1964年に日本社会党訪中代表団に毛沢東が語った言葉です。
さすが歴史につよい毛沢東。ストレートですね。
でもこのまえの孔子じゃないですけど小泉さんが引用したらおこられるでしょうね。

私は中国も日本も好きですので歴史問題も避けて通れません。
南京平和記念博物館も盧溝橋抗日記念館、北京軍事博物館も訪問済みですが
賛否はともかく最近なんとなくわかってきたのは
抗日は中国団結のキーワードなんだということ。
清朝末期以来諸外国にいいようにされ、国内も群雄割拠のやりたい放題、まさに内憂外患。
でもそこに皆で団結して戦う敵が現れた。
それが日本だったんです。

私はちょっと右寄りです。(日本に誇りを持っているという意味)
ちなみに中国に詳しい右寄り論客の宮崎正弘氏のメールマガジンによると日本のブロガーの90%は右なんですって。
でも最近の日中両国の報道はちょっと行き過ぎに思えます。

知己知彼,百战不贻
彼を知り己を知れば百戦殆うからず。

とはいいますがまず彼を知る前にバイアスがかかってたらだめですね。どちらも。

以上
[PR]

by zhuangyuan | 2005-06-30 22:27 | 文化、歴史 | Comments(0)


<< 外来語      古本屋 >>