中華 状元への道

zhuangyuan.exblog.jp
ブログトップ
2005年 06月 27日

ダム

日曜日に子供たちと後楽園のおもちゃ王国とやらに行きました。妻の友達家族も一緒でしたが
だんなさんは午後仕事があると帰られました。

なんでもダムの設計をしているとかで締め切りが迫っているそうです。
ダムといえば四川省の都江堰が有名です。とは言っても私も2月に観光するまで名前しかしりませんでした。
d0018375_21531396.jpg

これは今でも使われているダムですが建設されたのはなんと紀元前256年。
2000年以上使われているのです。中国の悠久の歴史を感じるとともにその偉大な事跡にあたまが下がります。

これを作ったのは当時秦からこの地方(蜀)に派遣されていた李冰という人でその息子と共に二郎神と呼ばれています。私が中国で買った「中国の歴史発展過程に影響を与えた100人」という本にも孔子や諸葛亮などとともに選ばれていました。私は全くしりませんでしたけど。
中国では相当有名なんでしょう。

彼のおかげで四川省では水害がほとんど起きてないそうです。そして“天府之国”とよばれています。四川料理がうまいのは彼のおかげですかね。

以上
[PR]

by zhuangyuan | 2005-06-27 21:56 | 文化、歴史 | Comments(1)
Commented by zhuangyuan at 2005-07-08 23:13
中国と関係ないんですけどダムつながりで、この前、栃木に出張しているとき、橋を渡り、運転手さんが言いました。坂東太郎は荒川につながり東京都民の飲み水の70%を供給してるんですよと誇らしげ。坂東太郎?誰それ?坂東太郎とは利根川のことでした。全然しりませんでした。ちなみに弟がいて筑後二郎(筑後川)四国三郎(吉野川)と言うそうです。


<< TIME      孫文 >>