中華 状元への道

zhuangyuan.exblog.jp
ブログトップ
2010年 03月 15日

盗盤事情

今日は中国のお客さんが突然見えて食事にいきました。

もう引退なさっている大先輩でありますが
長年中国公司の日本社長をなさっていた方です。

年末にゴルフコンペでホールインワンをしてJALのチケットを贈られたそうで
遊びにこられたとのこと。

元国営企業幹部の彼は年金で過ごされているのですが
日常生活ではほとんどお金がかからないのでいい暮らしをしているとのこと。

一番の出費はゴルフ。
週二回楽しんでいると。

彼は日本での経験を生かして
日本経済の歴史について中国で出版をしています。

その本は友人たちに評判がよいのですが
なかなか書店で手に入らないそうです。

そこで再版をしてみようと出版社にかけあったそうです。
初版は4000部刷ってすぐに売れたそうです。

ところが出版社いわく
まだ在庫が1500部あるから再版の必要がないとのこと。

なんかおかしい。
初版はすぐに売れたはず。

そこで調べてみると
なんと出版社が表向きは4000部といいながら
実は15000部刷っており、大部分は闇市場に流していたというのです。

こういう品物が盗盤として二束三文で市場で売られているのです。

正確にいうなら盗盤ではないですね。
正規品の横流し。

こういうのを立派な出版社がやってしまうのが中国らしい。
でも「日本の経済をどう見る」なんて
お硬い本が
盗盤として需要があるってのも面白い。


外国経済に興味がある人は本物買ってよ。
書籍くらいは。

以上
[PR]

by zhuangyuan | 2010-03-15 21:22 | 時事 | Comments(4)
Commented by 元気?いまマレーシア at 2010-03-16 08:35 x
にいるんだけど。DVD屋で仮面ライダーのボックスセット2000円くらいの(こっちでは高い)を娘の快気祝いに息子に買ってやったら、テレビ朝日の番組録画したやつだった。それでコピー禁止って書いてんだよ...。移住先探してるがここ暑くてダメだな。
Commented by zhuangyuan at 2010-03-16 22:17
マレーシア? 移住? なんのこと? 家族で旅行かな?帰ってきたら飲みいこう!来週は出張でいないけど。モートン先生が仮面ライダーとはおどろきです。
Commented by お節介じいさん at 2010-03-19 11:10 x
中国では知的所有権がないも同然。出版物・証明書類・文書・ビデオ・CD・DVD・パソコンソフト等等、あらゆる方面でニセモノが存在するそうですね。そう言えば、何年か前に、私は東京でHSKを受験したのですが、7級の合格証書を、職場の近くのコンビニのアルバイト店員(中国人)に、得意げになって見せたところ、「こんな合格証書、中国ならば、何枚でも偽造できるよ。」と言われてしまいました。さすが、中国はニセモノがあふれている国なんだなぁ~と、思ったものです。
Commented by zhuangyuan at 2010-03-21 21:13
お節介じいさん様 私この知的所有権についてはちょっと違った意見がありまして、この権利を厳しくしすぎるのは人民のためにならないんではないかとおもいます。中国は不法かもしれませんが誰でも安くいいものに触れることができますが、アーティストも表現したものをできるだけ多くの人に届けたいと思っているでしょうし。この知的所有権はアーティスト本人よりもそれに群がる業界人の権益を守るためという要素が強すぎるんではないでしょうか?CD一枚3000円弱は高すぎますよね。


<< 旅人園長      外国語セラピー >>