2010年 02月 26日

外国語の効用

ここのところ語学教室をずっとさぼっていましたが久々に復活。

英会話はここ一年のご無沙汰。

土曜日の中国語教室は先生が辞めて以来行ってませんし
平日夜の中国語教室は仕事がばたばたしてて3ヶ月いってませんでした。

ところが先日、会社の部下に英会話教室を紹介したところ
思いがけずに紹介キャンペーンに恩恵にさずかり5コマゲット。
一年ぶりに参加しました。

ブランクの間に講師は結婚し子どももできていました。
男性ですけど。

中国語のほうもこのままいかないと
なんとなく機会をいっして行かなくなり
中文もどんどんさび付いてしまうと危機感をおぼえ、
忙しくてもとりあえず予約してしまいました。

案の定15分の遅刻。

久々ですが違和感なくマンツーマンレッスンを終えました。

このブランクの三ヶ月の出来事を中国語で語ったのでした。
年末年始といろいろありました。
会社もプライベートも。
ちなみに中国では逢九といって歳に9が付くと凶事がおこるといわれているそうな。
わたくし39歳です。

そんないろんなゴタゴタも日本語ですと憚られるのですが
中国語だとなんか別世界にいるみたいな感覚で素直に感情を吐露できるような。

中国語に限らず外国語だと余計な気をまわさずに
空気もよまず、後先も考えず話せる感じ。

ちょうどクリスチャンが教会行って懺悔するような感覚でしょうか?

我告诉我老家最大的秘密以后老师教给我这一句,

家家有本难念的经

どこの家でも難しいお経があるものです。
=どこの家でも外からは理解できない難しい事情があるんです

中国語は深いなあ。

以上
[PR]

by zhuangyuan | 2010-02-26 21:34 | 生活 | Comments(8)
Commented by お節介じいさん at 2010-02-27 15:29 x
人は外国語を話している時、性格が変わるという話を聞いたことがあります。私も同じで、外国語を話している時は、神経がずぶとくなって、、KYになります。これは学者の説によると、外国語脳のせいだと言うことです。要するに外国語が話せる人は、自分本来の性格のほかに、もうひとり別の人格が潜在しているのだそうです。即ち二重人格者ということです。自分の性格を変えたい人は、外国語をひとつマスターしましょう。
私は中国語を話している時は、そんなに変わらないのですが、韓国語の時は、雰囲気ががらっと変わると、友人からよく言われます。声が無意識に大きくなるようなのです。特にアルコールが入ると、その傾向が顕著になるとのこと。それは、たぶん韓国語が日本語と文法が殆ど同じなため、日本語の方言を話している感覚になるからかもしれません。
Commented by zhuangyuan at 2010-03-02 22:10
お節介じいさん様はきっと語学の達人なんだとおもいます。言葉はそれぞれべつの論理体系がありますのでしゃべるときに別の回路に自分をいれてしまうのが達人の達人たる秘訣なんでしょう。
Commented by お節介じいさん at 2010-03-05 05:28 x
いえいえ。私は決して外国語の達人じゃないですよ。でも、外国語脳で話している時、ホンネが出てしまうことが、よくあります。ひょっとしたら、日本語脳の時は仮の姿で、外国語脳の時のほうがホントの自分なのかも知れません。日本は他人に気配りしなければ、KYと言われてしまうストレス社会ですからね。
ちなみに、元厚生大臣の舛添議員の英語は素晴らしいですが、外国人記者クラブで、うっかりホンネをしゃべってしまったようですね。彼の発言が問題になっています。
ところで、中国語がネイティブレベルで話せる日本人には、俳優の金城武氏などがいますが、非常に少ないですね。しかし彼は育った家庭環境が特殊ですから、別格でしょう。残留日本人孤児も同じことが言えます。日本企業では、ビジネスに耐えるレベルの日本人の中国語通訳が、「供不應求」なんだそうですよ。なるほど、日本語が上手な中国人はいくらでもいますが、中国語が堪能な日本人は、少ないですからね。私は若い頃、台湾に住んでいた時には、けっこう話せたのですが、帰国してからは、日常生活で中国語を話す機会が殆どないために、会話力がすっかり錆びついてしまいました。
Commented by Shira at 2010-03-05 22:20 x
どの家にも読みづらい経がある...
この話、ずっと前にどこかで読んだ記憶があります。カウンセリングの本だったかもしれません...。

外国語で話すことについては、私も以前から感じることがありました。このコメントの署名にリンクしておきますね。
Commented by zhuangyuan at 2010-03-06 09:37
お節介じいさん様
日本語ってほんと不思議です。言葉だけでは意味がわからない。そのまま英語に訳すとなんのことやらさっぱりというケースがよくあります。こうした場合は言外の意味を訳すなんて面倒なことになります。空気を読む場合も言いたいことはほとんどいえない。私はAKYにしてます。「あえて空気読まない。」
Commented by zhuangyuan at 2010-03-06 09:41
Shira様 いつもながらshiraさんの考察は深いですね。「自分と相手とがどこに立って意思疎通するかを考えていきたい」これぞコミュニケーションですね。言葉だけでは浅いですよね。その奥にひろがる文化や歴史がある。
Commented by ケイチー at 2010-03-13 07:41 x
「AY」ですか(笑)
今年度の流行語大賞になるかも。

私は、普段は大人しい話し方ですが、中国語を使う時は音程が半オクターブ高くなるようです。
声も大きくなって、微妙なニュアンスを伝えられ無い分、言いたいことをストレートに表現しますね。結構それが快感でもあります。慣れない外国語を使っているということで、回りも大目にみてくれますし。
自分の別の一面を意識することって、日常生活ではほとんど無いので、貴重な体験だと思います。
Commented by zhuangyuan at 2010-03-15 21:05
ケイチーさま
「AKY」ですよ。AKBでもありません。


<< 近所にも華流      満洲旗人は今 >>