中華 状元への道

zhuangyuan.exblog.jp
ブログトップ
2005年 06月 25日

农民工

先日古本屋で
「歴史読本 臨時増刊 特集中国 謎の秘密結社」1988年3月
という怪しげな本を購入しました。

その中に1987年の第13回中国共産党人民代表大会の重要人物リストが載ってました。
その大会で趙紫陽が総書記になるのですが、それに関する記事では彼は鄧小平の信頼があり
敵をつくらないため10年は安泰だろうなどという記事が出ていました。

わずか2年後の天安門事件で失脚するとは。
そういえば今年亡くなりました。

ところでそのリストを見ると現国務院総理、温家宝の名が書記候補として載ってます。
45歳の最年少です。
d0018375_1375614.jpg
 

この人は今中国の老百姓(一般庶民)に大変人気があります。
悪をくじき、弱きを助ける庶民派総理です。

以前こんなことがありました。
地方視察の時、地方政府幹部はそこのいいところしか見せたがりません。
ただ彼は本当の庶民(農民)生活が知りたい。

そこで視察途中、急に乗っている車を停止するよう命じ、側近とともに
村の奥へいってしまいました。用水路をいくつも越え、ミカン園や竹林をとおり抜け
一軒の家に入りました。

そこでびっくりした村人は温总理到我们村子里来了!温総理が村に来たぞー」とさけび
農作業していた人たちも続々集まってきました。

総理は言いました“乡亲们,快都坐下,咱们一起聊聊!我很想知道你们村子里的情况。”
村の皆さん、一緒に座って話しましょう。我々は村の状況が知りたいんです。

そこで一人の女性は総理に訴えました。
だんなさんが出稼ぎで県中心広場建設で労働をしているが2000元(3万円弱)の給料が一年未払いになっています。
(この村の平均年収が5-6000元ですから2000元は4ヶ月分の給与大きい金額です。)

総理は言った。私が県知事に言いましょう。必ず払わせます。

彼女はその日の内に未払いの給与は支払われたとのこと。
d0018375_13312466.jpg

ここから全国に広がる建設労働者の給与未払い問題がクローズアップされ解決されていった。
中国は急速発展でどこもかしこも建設ラッシュですがそれを支えているのはほとんどが農民の出稼ぎ(农民工)。ただ悪徳業者やいいかげんな自治体が多く給料が払われていないケースが多い。

元の記事はこちら

拖欠农民工工资问题(農民労働者給与不払い)を取り上げた記事によると
2003年末までに全未払いのうち215億元=2800億円(68%)が賠償されたとのこと。

合計不払いは316億元になりますので一人2000元不払いだとしたら1580万人が被害に遭ったことになる。凄い金額が未払いであきれてしまいます。

以上
[PR]

by zhuangyuan | 2005-06-25 13:38 | 時事 | Comments(3)
Commented by モートン at 2005-06-25 19:39 x
連日、コメントたくさんでにぎわっていますね。ダメですよ。人を待たせておいて買った本でしょ。
Commented by zhuangyuan at 2005-06-25 20:03
あの日の本ではありません。私は時間があれば本屋、古本屋。
でも最近は中国関係が多く偏っちゃってだめですね。
幅ひろくいかないと。
Commented by モートン at 2005-06-27 00:10 x
冗談ですよ。ながい目で見れば幅広いんじゃないですか。いいと思います。


<< 孫文      四面楚歌 >>