中華 状元への道

zhuangyuan.exblog.jp
ブログトップ
2010年 02月 14日

満洲旗人は今

歴史通 2010年 03月号 [雑誌]

ワック



大型書店に入りますと
雑誌「歴史通」本日発売でーす。キャンペーンやってまーす。
と大量に平積みになってました。

「満州国はワンダーランド!」
魅力的な特集。

執筆陣も
佐野眞一、黄文雄、岡田英弘など満洲通がそろってます。

私、祖母が満洲がえりなので満洲ときくとなぜか郷愁の念にかられます。
もちろん祖父も一緒だったのですが
戦争で亡くなっているので祖母の印象がつよいです。

その広い大地と青い空を馬で翔るなんて最高でしょう。
でも今の満洲のイメージっていうと
軍国日本の象徴といった感じで決していい印象がありません。
今の中国政府も宣伝してますし。

そんな解釈を吹き飛ばして
歴史においての満洲の存在と
そこで満洲国がないた偉業をおしえてくれます。

そもそも現中国=漢人は歴史的に見て満洲国の版図に
勢力を広げたことはない。

満洲族の清が攻め上がり漢族を征服支配したわけですが
満洲国があった地域は漢人が入ってはいけない場所であったのです。

満州族の満州族たる騎馬民族性を保つための場所だった。

少数の騎馬民族が多数の漢族を支配した。
北京に入った満洲人は八つの色の旗のもとに分かれ統制がとれていました。

黄・白・紅・藍の四つにさらに縁取りのあるものが加わります。
縁取りなしが正、ありが鑲。

異民族支配って感じです。

それが満州国を経て共産党政権となりだんだん漢化して
ほとんど見分けがつかなくなってしまったのです。

そんな満洲族ですが
ついこないだ大阪で満洲族だという女性に会いました。

出張で夜、ミナミの飲み屋をはしごしてますと
その日は節分で店の皆さんはなにやら仮装しております。

私のよこに座ったのは
ミョーに似合わない高校生風の制服を着た背の高い女の子。

中国出身だというので
漢族か?ときくと満族だといいます。
絶滅したんじゃないの?

そんなことはありません私は満洲旗人です。
西太后と同じ旗だといいます。
つまり鑲藍旗=青に縁取り。
d0018375_22105278.jpg
なかなかの気概です。
でもこんなとこでセーラー服きてる場合じゃないだろ!

以上
[PR]

by zhuangyuan | 2010-02-14 22:11 | 文化、歴史 | Comments(0)


<< 外国語の効用      衣食足りて...② >>