中華 状元への道

zhuangyuan.exblog.jp
ブログトップ
2010年 01月 23日

衣食足りて...

以前組織の改正当日に
新しく私の部下になるはずだった若手くんが出社しなかったと書きました。

その彼が帰ってきました。
そんな彼にどんなことを話そうかななんて思ってましたらいいヒントがありました。

仕事を引き受けるときのこころの持ちようについて
面白い考え方をラジオで紹介していました。

梶原しげるの『TALK TO TALK』

松尾貴史氏はどんな仕事でも選ばずに引き受けるそうですが
4つの自分をもって使い分けているそうです。

職人としての自分
芸術家としての自分
学生として
商人として

1.ギャラは低いが他人にやらせるなら
オレのほうがうまくいくはずと職人の自分が思う。

2.この仕事はゼッタイオレがやりたい。
この人と仕事できるならお金はいらないと芸術家が思う。

3.お金にはならないけどこの仕事をすれば何か得るものがあるはずと
学生の自分が引き受ける。

4.嫌な仕事だけどギャラがいいからなと商人がやってしまう。

こうして使い分ければどんな仕事でも前向きに取り組めるんだそうです。
これは使えるかも。
仕事やめちゃう前にこんな考えをもつのもわるくない。

衣食足りて色々考えるようになっちゃうと
働く意義なんてものが必要だなんて考えてしまう。

前に香港の女性エグゼクティブと飲んだ際
彼女の苦労話を聞きました。

高校をでて鉄鋼トレーダーになり
時には資金回収にてこずり、建築現場に取り立てに行く。
がむしゃらに働きながら夜間大学をでる。

大陸がフィーバーすると現地に工場建てて現地の代表者となり
何十人もの現場の男たちを管理する。

いまは大成功して副社長。

そんな彼女に私の部下が聞きました。
「あなたの働くモチベーションってなんなんですか?」

「モチベーション?
そんなこと考えたことない。
いつも一生懸命生きてきた。」

日本も豊かになりすぎていろいろ考えてしまいます。

三丁目の夕日の
時代のほうがよかったのかな?

以上
[PR]

by zhuangyuan | 2010-01-23 16:13 | 生活 | Comments(2)
Commented by 近所のおばさん at 2010-01-25 19:25 x
このブログの内容からは外れてしまうかもしれないけれど。。
衣食足りて礼節をしる。。
についてこのごろほんとにそうだなと痛切に感じます。。

人間えらそうなこといっていても衣食足りないと。。
特に食が。。と次の段階に上がっていけないようです。。
Commented by zhuangyuan at 2010-01-30 17:38
近所のおばさん様 物事中庸が大事ですね。足りなくてもいかんし足りてもいかん。難しい...。


<< 衣食足りて...②      チベット展で無の境地へ? >>