中華 状元への道

zhuangyuan.exblog.jp
ブログトップ
2009年 12月 28日

やっぱりビデオがキライ 学芸会の巻

私はビデオが嫌いです。
撮るのがキライ。

一に下手だから
二にビデオに集中して肝心の鑑賞対象に集中できないから。

先日は娘の学芸会でした。
「11匹のネコ」

妻がネコの衣装を作りはりきっていこうと思いきや
インフルエンザの学級閉鎖で二週間順延。

そのおかげで妻は仕事と重なり観にいけなくなりました。

そこで私に課せられたのはビデオの撮影。

「かわいい衣装をしっかり撮って来て!」

頭がいたい。

さて当日。
ビデオ席が体育館の端に設けられ親たちがスタンバイ。
娘の演目は第一番目。
それを知らずに撮影場所はいいところがとれずに
後ろのほうで平均台に上り、腕をあげ、何とか撮影。

11匹のネコというくらいですから
出演のほとんどはネコの衣装です。

はじめにナレーターネコ三匹が舞台の脇に登場。
物語の始まりです。

最初の11匹が登場。

液晶越しだと遠くでよく見えません。

はじめに娘かと思った子はどうやらちがいました。

第二幕の11匹。
ここにもいない。

しかし最近の劇は主役がいなくてつまらない。
ネコばかり。

第三幕の11匹。
ひとりひとりズームでチェック。

???やっぱりいない。
どうした?

もしかして?
朝いっぱい叱ったからイヤになってボイコットしたのかな?

朝かわいい洋服が見当たらないとかで
着替えずにぐずぐずしているので
ついつい怒鳴ってしまい
大事な日に朝から大泣き。

「学芸会なんて大っきらい!もう二度とやりたくない!!」

などといいながら家を出たのでした。

ヤバイことになった。
ちょっと反省。わるいことしたなあ。
父親としたことが。

と心のなかであれやこれやと思いをめぐらせていますと
とうとうエンディングの歌になってしまいました。

すると舞台の袖から娘がさっそうと登場!
???

どこにいたの?

なななんとナレーターネコだったのです。
第一幕はべつのナレーターだったのですが
第二幕から終わりまで娘は舞台の袖にいたのです。

舞台中央の劇ばかり一生懸命さがしていた私には
ナレーターネコは盲点でした。

あとで聞いたところでは台詞が一番多かったそうな。

心配して損した!

娘は舞台中央で朗らかにおおきな声で歌っております。

♪やりたいことやったもん勝ち 
青春なら~♪

これまでの失敗をとりもどすようにずっとアップで撮り続けました。

オレにはいつもぶーたれてるのに
学校ではなんでこんなにいい笑顔なの?

ここに来ると私の心配は娘のことよりビデオのことに。

娘つまりナレーターネコは私のビデオの画面の外だったのです。
妻にどんな顔して報告したらいいのでしょう?
「衣装がとっても似合ってました。」なんて。

だからビデオはキライなんだよ~!!

以上

*以前に書いたビデオ話はこちら
ビデオも大きらい 保育園お遊戯篇(中文)
[PR]

by zhuangyuan | 2009-12-28 21:42 | 生活 | Comments(2)
Commented by ケイチー at 2010-01-04 14:06 x
あらあら、状元さま。
ビデオ撮影、お疲れ様でした。

でも、ビデオ撮影の場合、事前の準備が大切ですよ?
まずは、摂りたい対象(この場合、娘さんですね)の出番や動きをリサーチしておくこと。
何番目の演目でそれは何時ごろか、娘さんがどんな衣装を着て出番はどのあたりか、ちゃんと聞いておかないと。

で、撮影は手持ちですか?
ダメダメ!手ブレが響くから、出来上がりが酷いものになります。
ちゃんと三脚を設置しないと。
そのためには、早く行って、撮影に良い場所を確保することですね。

子どもさんの発表会は、大事な成長記録ですから、後々「パパ、ダメじゃん!」って言われないよう、頑張ってくださいな。
Commented by zhuangyuan at 2010-01-04 20:44
ケイチーさま 完全なダメダメ父ちゃんになってました。確かに事前の心がけがまったくなっていませんね。姿勢の問題です。手ぶれもひどいもんでした。


<< 消えた指輪が呼んでいる      意外と早いか?中国の衰退 >>