中華 状元への道

zhuangyuan.exblog.jp
ブログトップ
2009年 10月 25日

スモール・ハンドレッド

自動車革命 第2回
スモール・ハンドレッド 新たな挑戦者たち


久しぶりにテレビを真剣にみました。

今朝の朝日新聞でテレビ欄に紹介がありました。

けっこう過激な紹介です。

日本の自動車メーカーの役員はセレブ並に偉そうに視察してるけど
中国にどんどん出来てる電気自動車会社はあなどれないよ。
それにシリコンバレーでは自動車は家電化してる。
日本も技術力あるっていってるけどホント大丈夫?
鳩山さん秘策はないのか?

とかなり要約するとこういう感じ。
この番組紹介のおかげでかなり興味を持ちました。
でも鳩山さんがでてくるあたり他力本願でだめですね。

スモール・ハンドレッドとはなんなのか?
Small Hundreds

ビッグ・スリーに対する言葉だそうです。
ビッグスリーが崩壊しかかっているいま
電気自動車では小規模な新進企業がどんどんでてきています。

電気自動車は電池入れて車輪回すだけなので
ラジコンカーとさして変わらないわけです。
簡単なので参入障壁が低い。

なかにはウォーレン・バフェットが出資する企業まで登場。
BYD:バフェット出資で話題、電気自動車で世界に挑む

日本はそんな状況でも大企業が大資本で押さえにかかるし
何かと規制がうるさいので
なかなか新興企業は手を出せない。

そこ行くと中国は凄いです。
儲かるとなったら誰でもすぐ始めちゃう。
コネさえつくれば融資だってばんばんついちゃいます。

やっぱり経済成長の源は企業家精神ですね。
山東省にはちいさな電気自動車会社がたくさんあるんですって。
そこはさながら戦後日本の浜松でバイクメーカーがしのぎを削っていたときのようだと。

日本もそんな時代があったんです。
いまじゃ規制だとか前例だとか業界の常識だとか
コンプライアンスにリスクマネジメント...。
これじゃあ何にもはじめられません。
一億総官僚化社会。

ちょっとは中国の町工場を見習わなくてはなりません。
リスクを恐れず、前例にとらわれず、
少人数で夜中まで働いて技術を磨いて開発した電気自動車でEUの審査まで通っちゃう。
まるでプロジェクトXの世界です。

ある工場が試作車第一号をヨーロッパに出荷するところを映像が追います。

工場のお兄さんがその試作車を運転して船まで運ぼうとしたとき
ドカーン!
工場内でぶつけちゃいます。
フロントがぺちゃんこ。

まあこういうのはお愛想ですね。
これにめげずに作り直し。
なんとか納期に間に合い出荷。

こんな努力を日夜繰り返している新興企業がたくさんあるんです。

なんか明日からの仕事にエネルギーをもらいました。

チッチャイことは気にスンナ
それワカチコワカチコ!

以上
[PR]

by zhuangyuan | 2009-10-25 22:33 | 時事 | Comments(0)


<< パラレルワールド 200Q      科学者の夢 >>