中華 状元への道

zhuangyuan.exblog.jp
ブログトップ
2009年 09月 30日

中華圏の巨星 クレヨンしんちゃん

クレヨンしんちゃんの作者臼井儀人氏がなくなってしまいました。
のりピーに続き中華圏での巨星堕つといった感があります。

私がクレヨンしんちゃんに興味をもったのは
中国からの逆輸入といえるでしょう。

クレヨンしんちゃんなんかむしろキライでしたし
ガキんちょがしんちゃんの声真似するのかんか聞いてると
けつを蹴りたくなったくらいです。

中国に出張が増えた頃
しんちゃんが中国でも大人気だと知りました。

外国語大学で日本語を学ぶ学生に
日本語を始めた理由をたずねると
日本のアニメが好きだからといいます。

どのアニメ?

「クレヨンしんちゃん」

仰天しました。
クレヨンしんちゃん見て言語をはじめるなんて!

日本で私が習った中国留学生にも
クレヨンしんちゃん大好きがけっこういました。

そうしてなんだか気になる存在になりました。
で映画なんかを見てみますとこれがけっこう面白い。
アホなことばかりいってるわけでない。
なにか真実をついている気がいたします。
「クレヨンしんちゃん 」で反革命?

なんで面白いかわからないけど惹かれるのです。
中国のサイトに解説がありました。

“《蜡笔小新》是一部成年人的童话,小新则是三四十岁压力沉重的成年男子的缩影,在童言无忌中,表达出的是社会百态和人世辛酸,却也做尽了成年人想做却不能做的事,因为他只有五岁,所以一切都可以得到原谅和包容”

「クレヨンしんちゃん」は大人の童話である。
しんちゃんはストレスの多い3-40代の男性を投影している。
子どもが無邪気に社会の光景や人の世の辛酸を口に出し、
大人たちが思ってもできないことを成し遂げる。
それでもまだ5歳であるから
すべて許されて受け入れられるのです。


そうだったのか。
人間社会のしがらみに絡めとられて
本音がどこにあるかさえ見失いがちな
わたしたちにはタブーなしのしんちゃんが輝いてみえていたわけですね。

現代社会って辛いですね。

でもしんちゃんって世界中で受け入れられているわけですから
世界の大人も大変ってことですね。
世界の『クレヨンしんちゃん』


以上
[PR]

by zhuangyuan | 2009-09-30 21:49 | 時事 | Comments(2)
Commented by minamihorie at 2009-10-03 21:54
私が杭州旅行の途中買った新聞にも大きく報道されていました。
消失数日的日本人气漫画<蜡笔小心>的作者臼井仪人,可能已经遇难。日本共同社报道说,19日上午,有登山者在群马,长野两县交界处的荒船山的山崖下发现一具,警方表示这可能是11日失踪的
臼井仪人,并决定于20日收容尸体进行确认。
Commented by zhuangyuan at 2009-10-10 21:58
minamihorieさま ネットだけでなく新聞にまで報道されてたんですね。それだけ影響力があったってことですよね。


<< 中国人の商魂      食べていいもの悪いもの >>