中華 状元への道

zhuangyuan.exblog.jp
ブログトップ
2005年 06月 20日

Mandarin

英語で中国語の普通語のことをMandalin(マンダリン)といいます。
なんでだろうと思い聞いてみると満大人(mandaren)からきているとのこと。

清の時代は満州族が支配していたわけですが彼らは自らの言葉を捨て漢化し、
その官僚が喋る言葉を北京官話をいいます。
彼らは官僚として全国に派遣されこの北京官話を話したそうな。

そこで彼らの言語の名前を英語に訳す際、満大人=満州族の偉い人が話すことばがmandarinとなったらしい。

中国ではご存知のように各地で方言があり相互意思疎通が難しいですが
昔はこの北京官話が普通語のような役目を果たしたとのこと。

1936年西安事件が起こると軍閥張学良(東北)、国民党蒋介石(浙江)、共産党周恩来(江苏)らが一同に会したのですが皆で共通に通じる言葉がなく、宋美齢(蒋介石婦人)が英語で通訳したとのこと。(でもこの話、北京で授業中に先生に聞いたらありえないと一笑に付されました)

いずれにしろ以前の中国では各地の方言のギャップがひどかった。その意味で毛沢東が普通語を広めたことはホントに偉大な事跡だと思います。テレビと学校は全て普通語で若い人はほとんど喋れますからね。毛沢東は真の意味で中国を初めて統一したと思います。(語言大学でこの話をしたら先生に中国を初統一したのは秦の始皇帝です。と真顔で答えられました。知っとるちゅうに。)

でもオジサンは普通語だめですね。広州で広東人の老板が喋る言葉を聞いたときは、普通語とわからず自分の実力のなさにショックを受けました。広東なまりがすごい。

北京人の間にも広東人の普通語ヘタさを揶揄するこんな言葉があります。
天不怕,地不怕,就怕广东人说的普通话

天も恐れず、地獄も恐れず、ただただ広東人の喋る普通語が恐ろしい。

こんなのもあるそうです。
天不怕,地不怕,就怕日本人说的英语话
ショック..。



西安事件(しーあんじけん、西安事変 -じへんともいう)は民国25年(1936年)12月12日に西安で起きた、張学良・楊虎城らによる蒋介石監禁事件。

1936年10月、国民政府主席蒋介石は、紅軍(共産党軍)の根拠地に対する総攻撃を命じた。この攻撃に参加していた張学良は、父である張作霖が殺害されたことから抗日的気運が高く、共産党の内戦の停止、一致抗日の主張に対してシンパシーを感じており、紅軍に対する攻撃が消極的となっていた。蒋介石は消極的な張学良を督戦するため、12月4日に西安に行った。西安に来た蒋介石に対し、張学良は内戦を停止するように説いたが、蒋介石にこれを拒絶された。このことを切っ掛けに、蒋介石を監禁し、以下の8項目の要求を全国に流した。

1. 南京政府の改組、諸党派共同の救国
2. 内戦の停止
3. 抗日七君子の釈放
4. 政治犯の釈放
5. 民衆愛国運動の解禁
6. 人民の政治的自由の保証
7. 孫文遺嘱の遵守
8. 救国会議の即時開催

国民政府は、当初、張学良を討伐するために西安に対し爆撃を開始し、事態は緊迫したものとなった。しかし、12月7日に共産党の周恩来、秦邦壊、葉剣英が西安に入り、国民政府側の蒋介石、宋子文、宋美齢との間に前8項目に関する合意ができ、蒋介石は解放され、これにより第二次国共合作が成立した。

なお、事件の首謀者である張学良は、事件を起こした責任をとるとして、自ら進んで国民政府の軍法会議にかけられることになった。wikipedia
[PR]

by zhuangyuan | 2005-06-20 21:26 | 言葉 | Comments(5)
Commented by yugoyougo at 2005-06-20 23:01
MandalinのManは満州の満だとは知っていましたが、満大人だとまでは知らなかったです。満州族の官僚が使っていた言葉ということで納得もいきますね。これからは人に説明するとき是非是非使わせていただきます~
Commented by ami2026 at 2005-06-22 09:16
Mandalinが満大人だったなんて初めて知りました!初耳です。おもしろいですねぇ。
確かに道端のおじさんが喋る中国語は強敵だと思いました。最初は聞き取れなくてショックでしたね・・・^^;
Commented by zhuangyuan at 2005-06-22 23:40
確かに本場の北京語は手ごわいです。アル化されると知ってる単語もわかんなくなっちゃいます。
Commented by chaikon at 2005-06-23 08:38
Mandalinが満大人だったなんて・・・私も初めて知りました。
 昔初めて香港に行ったときに「Mandalin」という単語を耳にして、なんのことだかわっぱりわからず戸惑ったことを思い出しました。
あのころ香港では広東語と英語しか通じなかったんですよ。私の中国語が下手だっただけかもしれませんが、英語もできない私はホテルで言いたいことが伝わらず泣きそうでした(笑)。
Commented by zhuangyuan at 2005-06-23 22:27
私も中国語を全く知らなかったとき(1990)中国を一人旅をしましたが
全然意思が伝わらず往生しましたね。
ところで皆様mandalinと書いておられますが正しくはmandarinだとおもいます。lでなくてr。


<< 百薬の長      小新 >>