中華 状元への道

zhuangyuan.exblog.jp
ブログトップ
2009年 07月 26日

「ほめる」効用

中国語教室にいきますと一つニュースが。

生徒の一人が最近結婚したといいます。
御年50歳。
天命を知っている御年です。

私は彼が独身であるということすら知りませんでした。

新婚生活を円滑にすすめる秘訣について語ってくれました。

毎日,我爱你 とささやく。

奥様は日本人なので中国語はわかりませんから
日本語で言っているわけです。

私は日本語には「愛してる」なんて言葉はないんじゃないの?
と疑問をはさんだところ、
確かに照れくさいので中国語の方がいいかもと。

もうひとつは
とにかく毎日ほめる。

しかも具体的にほめる。
「きれいだね」だけじゃだめだそうで
どこがきれいだと言わなきゃいけないと。

先生は女性ですが
これを実践しているそうで
旦那さんを常にほめまくっているそうです。

ほめれば相手も喜ぶし
自分も気持ちがいいと。
拍马屁(おべっか)でもかまわないと。

こんな言葉を教えてくれました。

予人玫瑰,手留余香


バラの花を渡すと、手元にも香りが残る

いい言葉です。

この言葉先日読んだ論語の本にも載ってました。

論語力

于 丹 / 講談社



私は原著で読みました。友人にいただいたのです。
「于丹《论语》心得」中華書局
CCTVの番組を本にしたものだそうです。

ここでは「ほめる」ことでなく「与える」ことに重きを置いています。

给予比获取更能使我们心中充满幸福感。
与えることは得ることより、幸せに思える。
勝間さんのいうGiveの5乗ですね。

でも新婚の彼は言います。
ほめているけど自分はぜんぜんほめられないと。

先生は答えて曰く
「そんなことは気にしてはいけない。
これは投資なんです。
10年後にきっと返って来ます。
株なんかよりずっと確かです。」

ふと私自身を振り返る。
これはまずい。

私はほめるのは大の苦手。
照れくさくてできない。
結婚11年経ってしまいました。
うー恐ろしい。

私の弟は心理学者ですが
徹底的にほめまくります。

ちょっと行き過ぎだとも思えるのですが
母いわく「それでもやっぱりうれしい」と

最近のいろんなビジネス書ですとか心理の本ですとかと読んでますと
ほめることの効用があふれるほどに書いてあります。
でもなかなかできない。

会社でも部下に言われました。

状元さんは厳しすぎますよ。
マネージャーなんだからチームを鼓舞するように盛り立てないと
今の若い人には通じませんよ。

息子は父の日に私の似顔絵を書きました。
保育園のノートには先生との会話がありました。
「何でパパの目が怖くなっているの?」
「だっていつも怒っているんだもん。」

これにはヘコミました。

やさしくするほうが楽ですが
人間はやっぱり緊張感のあるなかで育ってゆくと思うので時代に合わないと
おもいつつもなかなか変われません。

拍马屁だと割り切ってちょっとトライしてみようかな。

以上
[PR]

by zhuangyuan | 2009-07-26 09:11 | 言葉 | Comments(9)
Commented by ebirin at 2009-07-27 15:35 x
そうらしいです!
弟さんは朝から晩まで
褒めまくっているそうですよ。

弟さんの奥さん,とっても幸せなんですって~
(・・・でも,子育てに関しては,弟さんがアメなので
奥さんはムチになってしまい,辛いところなんだそうです・・・)
Commented at 2009-07-29 18:44 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by おせっかいなオバサン at 2009-07-29 18:52 x
褒めまくっていると社会では褒めてもらえずビックリしたりしませんか?
怒りまくっていても問題だけれどやっぱり程よさがいいので。。
Commented by zhuangyuan at 2009-07-30 05:52
ebirin様 私もムチばかりではないつもりなんですが、そちらのイメージが強くなってしまうようでなんともつらいですね。
Commented by zhuangyuan at 2009-07-30 05:55
おせっかいなオバサン様 私自身はホメの達人ではないため自分がほめられないのはあまり気になりませんが妻なんかには「わたしは褒められたことがないなどと愚痴を言われます」それをなんとか改善せねばとおもいつつも日々は過ぎてゆきます。何事もその程よさが難しいですね。
Commented by linen at 2009-07-30 09:34 x
褒めるのは大切ですぞ。
兄に褒められてもどういう顔していいか分からんけれど、
仕事では褒められるのはどんな些細なことでも嬉しい。
褒められてのびる宣伝マンなので。
だから、新人スタッフにはどんな些細なことでも
褒めるよ。これはすごく効くしね。
無関心が一番だめだからさ~
Commented by zhuangyuan at 2009-08-02 06:54
linen様 仕事上でも自分から距離のある人はおもいっきり褒めることができますが、自分のキャラを知る近い人に対してはどうもテレがはいっていけません。以後努力いたします。
Commented by ケイチー at 2009-08-02 18:32 x
うん、確かに。
私は、小学校の卒業式の日、隣のクラスの先生が
「学習発表会の脚本は君が書いたんだって?才能あるぞ!」と言ってくれたことが忘れられません。36年前のことです。
今となっては、マニュアルどおりの励ましだとわかりますが。
小学生の心には染み入ります。

褒め言葉は、言う人が思う以上に相手の心に響くものですよ。
Commented by zhuangyuan at 2009-08-06 05:29
ケイチーさま 他のクラスの先生に褒めてもらうのはなんか特別な嬉しさがありました。学習発表会に脚本があるってのもすごい。ケイチーさまの文章はそのあたりから磨かれてきたわけですね。


<< リストラの果てに       ネジが一本足りない >>