中華 状元への道

zhuangyuan.exblog.jp
ブログトップ
2017年 10月 08日

はじめてのおつかい 英語スピーチの巻

d0018375_17431356.jpg
先日英語でスピーチする機会を得た。
頼まれたら即イエスがモットーなので自らの実力は省みずに受けることにした。しかしオファーしてくれた人も無謀だよな、私の英語聴いたことないくせに。

将来TEDでしゃべるときのために今回のプレゼンを振り返っておこうと思う。

会場と聴衆を知れ

TEDスピーチの本(Talk like TED)によると会場と聴衆を知ることが大事。会場はタイ、バンコクのホテルなので下見はできない。では聴衆を知ろう。主催者に問い合わせる。

聴衆は300人以上、出身国27カ国、60%が同業の鉄鋼メーカー、30%がトレーダー、残りはアナリスト、ジャーナリスト。

国数は多いのだが7割近くがインド亜大陸出身。つまりインド、パキスタン、バングラデシュ、スリランカ。主催会社がインドの業界メディアであることが影響している。とは言え外国で開催するカンファレンスにこれだけの人を呼び込むのはかなりの集客力を持っていると言える。インドの鉄鋼業については私自身あまり詳しくないが業界においては人口増加に伴う将来の爆発的需要増加に期待が大きい。これから人口ボーナス期を迎えるので約束された未来なのだ。

専門的な事はともかくプレゼンの事から言うとまずは聴衆に私の英語が理解されるされるかどうかが問題だ。なぜなら聴衆もネイティヴスピーカーではない。インドでは英語は公用語ではあるとは言えインド人の話す英語はかなり癖がありヒンドリッシュと揶揄される。

ゆっくり、はっきり

ともかくゆっくり、はっきり話そう。学生のころシドニーにワーキングホリデーにいった際、速く話すことがうまいことだと思っていた私語学学校の先生が言った。

"Speak slowly and clearly"

この言葉は当時カッコつけたい呪縛を解いてくれた。ゆっくりでいいんだと。

今年参加したNHKプレゼン講座でも強調されていた。とにかくゆっくりはっきりと。「はっきり」これけっこう難しい。まず声をしっかり出す。声を出すには呼気が大事。腹から息を強く出しながら話す。そして口をしっかり開けて。発音は口のカタチが大事。当たり前だけど忘れられがち。
わかりやすいプレゼンはしゃべりの抑揚にかかっているとも。強調したいポイントではタメをつくり高めの音で話す。

ロジカルがキー

上記講座で指導されたのは話し方だけではない。スライドの論理構成が、理解しやすいプレゼンの肝であると。以前作った日本語のプレゼン資料はインパクトをねらうばかりに論理が飛躍することや、故意に順番を変えていた。プレゼンは主張を伝えることが目的であり、テレビCMではないのだから過度なインパクトいらない。論理の順番にそってスライドをくみたてよと。これはストンと腑に落ちた。この教えは言語を超えて適用できる。わかりやすい外国語は論理構成がしっかりしている。全部聴き取れなくとも類推で理解できる。今回の英語プレゼンで最大に気を使ったのはこの点だろう。日本で同僚を集めてリハーサルした時には普段英語を使わない後輩にわかりやすい英語であったと評価された。論理展開順にしたことが功を奏したと考えている。

文字は少なめ

そしてスライドは文字を少なめにしてしゃべりを中心にせよと。文字情報が多すぎると聴衆は読むことに集中して話しが耳に入らなくなる。

練習せよ

常に言われることだが本番のように練習することが大事。ただこれはできなかった。リハーサルはしたがPCを前に着席し、抑揚は入れたものの聴衆は見ずに行ったのみ。本番は吹っ切れるがリハーサルは照れが入る。

さて本番である。
まず会場の大きさに驚いた。
d0018375_17500432.jpg

ステージにはスピーカー待機ように大きなソファーがいくつかあり、スライド写す大モニターが左右に1つづつ、中央上部にプレゼンターを映す丸いモニターがある。スピーチはPC及びマイク付きの演台で行う。演台に立つとモニターには顔しか映らない。会場へいたる通路には各社の宣伝用ブースが並び、その部屋にも大モニターが設置されている。

会期は二日間で私の出番は2日目の昼ごろ。初日は登壇者の観察。参考になるところはないかと。

皆さん文字が多すぎる。
確かに文字が気になって耳がおろそかになってしまう。

パッション

しゃべりを中心にプレゼンしたのは米国人だった。演台のマイクは使わずハンドマイクを握り、ステージの前まで踏み出し身振り手振りで熱弁をふるった。TED本にはPassionの重要性が繰り返されている。ポインターは使わず大スクリーンまで近づいていって指差した。うーんこれだ。躍動感がある。場を支配している。これをマネてみよう。

Q&A

プレゼンが終わると数人が壇上に座り、会場の聴衆とパネルディスカッションがある。これは緊張する。想定しない質問があるか?インドリッシュが聞き取れるか?案の定会場のから質問は聴き取れない。マイクの具合もあるのか?しかも質問が長い。聞きたいというよりしゃべりたいといった風。たださすがはネイティヴのプレゼンター。しっかり聴き取って回答していました。

さあマイターンだ。

ファシリテーターに呼ばれ壇上に上がる。ソファーに座り、前のスピーカーにプレゼンを聴く。気もそぞろ。ファシリテーターが私の紹介をしたのち立ち上がり演台へ。ハンドマイクも持った。PCの前には立たずに会場から全身が見える位置に立つ。ただPC画面もたまにみるのであまり離れずに。これが問題。会場右手から見ると演台のかげにかくれる位置となってしまった。
d0018375_17524602.jpg

右手はページ送り用のリモコン兼ポインター。左手にマイク。ただしポインターは大スクリーンには使えなかった。ページ送りもリモコンを見過ぎた。

あとはあっという間に終わってしまった。Passionが込められたかというとそこはイマイチ。内容はしっかり伝わったと思う。聴衆のうなずきが心強かった。終わりのサンキューが早口になってしまった。

さてパネルディスカッション。
プレゼンが終わったらノドがカラカラになり緊張がはじまった。いきなりファシリテーターから私に振られた。これは想定外。でも彼はアメリカ人なので聴き取れた。会場から私への質問は1つ。想定どおり長い。質問のポイントはどこなのだ?となりのインド人スピーカーに耳打ちして聞いてみた。彼、何が聞きたいの?シンプルに要約してくれたので乗り切れた。

壇上で記念品をもらい写真をとってステージを下りた。丸テーブルにもどると主催会社の社長が来てくれた。いいプレゼンだったよ。英語がとてもうまいね。どこで身につけたんだい?お世辞とはいえうれしいほめ言葉。後日Good command on English に対して聴衆が感心していたとフィードバックもらいました。

レビュー

後日動画を手に入れてレビュー。

妻に言われた。日本語よりしっかり声が出ているね。(家庭内比)ふだん低音でボソボソ話すので聴き取れないが、このプレゼンは高音でよいと。まあ見せたビデオは10秒くらいしかみてくれませんが。

高音低音という点からみるともっと低い声で喋った方が英語話者っぽかったかもしれない。以前読んだ英語発音の本には、別人格になるくらい低い声を出せと書いてあったのを妻に言われて思い出した。

中2息子にも指導された。彼はYoutube世代なのでTEDスピーチよくみてる。

「パパ、モニターを見過ぎだよ。覚えなきゃ」

「それにね、いきなり本題に入っちゃダメ。自分の昔のエピソードとかを最初に話すんだよ。それにねステージを歩きながらしゃべるといいよ」

将来TEDスピーチやるときまでに練習しとくよ。

ちょっとくやしいので息子に主催者の反応メールを見せた。

It gives me immense pleasure to share with you that not only your presentation was highly appreciated by the delegates but was also rated as one of the most informative presentation at the conference.

「レイティングトップだぞ」

「ぜんぜん意味わかんねえし」

以上





[PR]

# by zhuangyuan | 2017-10-08 17:42 | 学習 | Comments(0)
2017年 09月 20日

中国の異次元バージョンアップにぶっ飛んだ

 毎度中国に来るとその変化のスピードに圧倒されます。今度もまた驚かされました。以前ですと大きなビルが立ったとか高級な車が増えたとか道路がどこまでつながったとか、これまでの先進国が歩んできた道を猛スピードで追いつく感じだったたのに。追い越したと思ったらいつの間にか別の次元に浮上している。そんな感じ。

 まずは空があおい。少し前の黄色がかったどんより曇った空はどこいったのか。上海の空は真っ青でした。もちろん冬の時期にはもっと曇っているらしいのですがそれは北の工業地帯から流れてくるスモッグ。北方の冬は寒いので暖気システム石炭を炊くため空気が汚れるのです。しかし今年は違うでしょう。今年の冬は北京近辺の鉄鋼産業は50%生産調整が通知されています。いま中国政府は一番気にしてるの環境問題です。

 上海ではやたらと電気自動車が増えている。国産車BYDをよく目にしました。これは政府の電気自動車優遇政策のおかげだという。上海では車購入時にナンバーを入手するのにお金がかかる。少なくとも90,000人民元。発行数も限られており希望者が多い場合はオークションになると言う。それが電気自動車なら政府に補助してもらえるので費用がかからない。こうしたドラスティックな政策が素晴らしい。既得権益者に甘い日本と大きく異なる。変革に躊躇は無い。自動車産業においては欧米や日韓に大きく遅れをとっている中国だがこの電気自動車の波で大逆転世界制覇をもくろんでいると言う。イノベーターのジレンマに陥る既得権益者の捨てきれぬ資産を尻目に大戦略で進み出す。お金持ちのマインドも変わっています。環境に気を使うのがかっこいい。去年買ったクルマはテスラだと自慢してくれました。家と会社に充電基地を作ったという。コストかけても環境第一。

  無錫に行くとバイクが多い。でも音が静かなんです。聞いてみると電動スクーターだという。「エンジン付きオートバイ(摩托车)は禁止だよ」と友人がいう。排ガス対策でオートバイ禁止で電動スクーターもしくは電動自転車に。とにかく静か。音がしない。これいいです。もちろん空気にも。重要なのはホンダやヤマハ、スズキがないこと。ベトナムやインドネシアでは道という道にバイクがあふれ日本企業が圧倒的に強い。それがここで走ってるのは中国企業のものばかり。企業間競争が激しいからこれからどんどん品質よくなるんでしょうね。もちろんこれまで中国企業もオートバイを作ってた。でも地球環境のためならやめてもらいます。

今年鉄鋼業界では違法操業企業が一斉に摘発、取り潰された。品質や環境基準を守らない違法に儲ける企業は許さない。一億トンの能力が潰された。たった半年間で。矛盾が一気に解消しつつある。

環境対策はとかくコストアップと見られがちですが、社会全体でみれば古い産業が入れ替わり、さらには環境機器などの産業が立ち上がることになりグレードアップする。

 上海に戻ると歩道の脇には自転車がたくさんおいてある。これは個人のものでなく、シェアリングのため。みんな電動自転車です。永遠無料って書いてある。スマホで登録すればいつでもどこでも乗っていい。乗り捨てもオッケー。
d0018375_20155087.jpg

日本で実家の母が電気自転車を買ったときに試し乗りして胸が高鳴った。世界を変えるかもって。だって燃料いらないし排ガスなしでスイスイとどこまでも。でも高いんだよね。それがただでシェアできるなんて。上海の街では質素な服を来たおばあちゃんがゆっくり静かにカラフルな自転車走らせてる。地下鉄もどんどんできて自宅との往復シェア自転車だって。渋滞も早晩解決かな。

少し郊外に行くとシェア電動自転車提供企業がしのぎを削ってる。一ヶ月の利用料はなんと1人民元。でもこんなので企業は利益出せるのか?もちろんこれでは出ないのですが未来を感じる投資家がお金を出すらしいです。アイデアの未来に資金が集まるプラットフォームもあるのか?

社会インフラという意味では資金だけでなくスマホアプリの普及が大きい。決済もスマホが主流です。AlipayとWechatPayでどこでも払えちゃう。シェア自転車利用もスマホでピッ。タクシーもスマホ。東南アジアやアメリカではUberが主流ですが中国で滴滴打车。ついにUber中国も買収しちゃった。Uberの愛用者である私は中国でも使えると聞きアプリを開く。車なし。買収して骨抜きにしたのかな?残念ながら私は滴滴は登録してません。

国内の移動や宿泊もアプリでチョイチョイってやれば予約できちゃう。私はお客さんに新幹線チケット予約してもらいました。
d0018375_21373313.jpg

日本みたいにJR東日本だとか東海だとか予約のアプリが違うとかややこしいことはない。飛行機だっておんなじアプリ。政府は新しい技術とアイデアを後押しして、その新しい産業の発展を促し、その上で旧来の国有企業に改革を迫っているそうです。時には軋轢を生みながらもやると決めたらドラスティックに素早く。

レストランの注文も決済も食べログみたいなアプリ経由でやっちゃう。カロリー計算もできてたよ。割引もあるからみんな使う。ウェイターもいらないし、領収書も書かなくていいし、税金控除のための経費計算書だってネットでできちゃう。どこで何に金つかってるか補足されてるわけなんで怖いですが便利さには変えがたい。決済に関する信用の問題を解決できる可能性を持っているわけで、ますます交易が活発になされコストがかからず経済効率から考えたら画期的です。マイナンバー制度をアプリが代替しちゃってるようなものだな。利便性を与えて自由を感じさせつつしっかり管理。しかもそれを民間企業にやらせちゃう。ただ者じゃないな習近平。そこには負けてゆく国営企業もあるわけで、そこは既得権益と結びついた守旧派なはずなのにそれをものともしない強権で突っ走る。だんだん想像が膨らんできちゃったんでこのへんでやめとこう。とにかくバージョンアップが速い。どっかの国のなんとかファーストは主役を降りなきゃいけないな。その先はいうに及ばず。

なんかずいぶんと未来の世界に触れちゃったんでついでにリニアモーターカー乗って帰ろっかな。浦東空港までたったの7分。
d0018375_20193628.jpg

以上


[PR]

# by zhuangyuan | 2017-09-20 20:14 | 時事 | Comments(1)
2017年 08月 13日

真ん中ってどこにあるの?

「真ん中の子どもたち」温又柔著

ミックス言語ワールドで生きる留学生の葛藤を描く。言語好きにはたまらない物語です。

主人公のミーミーこと天原琴子は留学先で「てぃえんゆぇん」と呼ばれる。天原を普通語読みしてTianyuan。
アルファベットで書いてもローマ字読みとは異なり、中国語のピンインではティエン ユエンと読む。
この琴子は日本育ちの台湾人とのハーフであるゆえに自分のルーツと言葉の浮遊感に揺れている。そして揺れ続ける。
ピンインをあえて平仮名で書くところにすでにもどかしさを込められているのかな。

私は伊藤なので中国ではイートンyitengと呼ばれます。はじめ違和感を感じました。
オレにはイトウという苗字がある。音もセットで自分がある。
でもねよく考えたら毛沢東はモウタクトウだし、鄧小平はトウショウヘイって呼んでる。
中国語は漢字が表意文字として中心に鎮座してるので音は後からついてくる。

琴子の友人、龍舜哉は帰化日本人ですが屈託がない。
祖父が帰化するときに劉を日本語で同音というだけで龍に変えた。いさぎよい選択。
舜哉は自分をはっきりと日本人だといいきる。

その彼が言う。
「中国って大きい。これだけ大きければ、おれみたいな中国人がいてもおかしくないんちゃうん?」

まさにここが中国との日本の違い。中国はでかいんです。
私の好きな中国のことわざでこう言います。

林子大了什么鸟都有。
森はでかいんだからどんな鳥だっているんだ。

中国は言葉に対する許容範囲が広い。
普通語が幅をきかせる今日でも、地方出身者が訛りの強い言葉で卑屈になることなく大きな声で堂々と喋っています。
私のヘタクソな中国語だって受け入れられます。

ところが日本だと正しい日本語ってのが出てくる。それが一段上にあるという感じが常につきまとう。
先日読んだ本によると沖縄の訛り矯正のため、
教室で方言をしゃべった生徒には方言札という札を胸に下げさせたそうです。

中国も毛沢東主導のもと効率化のため言語統一が図られます。
ピンインが導入され、教育は普通語でなされ、アナウンサーは普通語で話します。
ほとんどのテレビ放送に普通語の字幕がつきます。
そんな状況からでしょうか、中国語がうまいことを褒めるとき、「とても標準的ですね」と言います。
「你的中文很标准」私もよく言われます。学校で習ったものですから。
でもなんか褒められた気がしない。生きた言葉じゃないって感じ。

琴子の先生である陳老師も正しい発音を厳しく指導します。
適切な指導を行う努力を惜しまない。でもこれは任務なのです。
文化からではなく、政治に基づいた任務。ここは老師は譲れない。

でも中国社会は外のものを受け入れる許容を持っていると思います。言語もしかり。
古代から異民族と混じりあって時の為政者に表面上は合わせながら自らの寄って立つところを失わずに生きてきた。
だから自分の言語ワールドを捨てないし卑下もしない。
中国人という一言で片付けられないし、線引きできない。中国には多民族が集まってる。
漢族が中心と言われますが、漢族の定義なんてあいまいです。
混じりあった末にそこに居ついた人々くらいなものです。
威張ってる北京人、上海人も同じ。数代前にそこにきただけ。
でもそこに根ざした言葉を喋ってる。

そこでは普通語と方言のミックス感が自然なんですよね。
なんの途切れもなくいつのまのにか土地の言葉が混じってくる。
これは台湾も同じ。ビジネスでは國語と呼ばれる共通語が話されますが本省人がいるといつのまのにか台湾語になってる。これは主人公琴子の家庭の言語空間と一緒です。線が引けない。言語カオス。

中国でも台湾でも時の政権と社会は必ずしも同一ではないんです。
私も短い間北京にいましたが一見すると画一化されたように見えますが、その実、自由な混沌があるんです。

華僑の国シンガポールなんかはさらに複雑です。
普通語、広東語、福建語、潮州語、海南語....ついでに英語。みんなごちゃまぜで話して通じ合ってる。
どれが正しいなんてのはない。これが日常なんです。
こんな世界にいるとあっちとこっちの間に線を引くことに意味がないしそもそも引けない。
あっけらかんと自分の言葉を喋ってる。そこでは国家なんてのは仕組みでしかない。

この状況って中華圏だけじゃない。アメリカだって同じ。
ロスでもヒューストンでも空港で聞こえてくるのはスペイン語です。
でもこちらと話すときは英語。下手くそでも自然です。
グロービッシュ。
世界のみんながこれを話してる。
日本人以外は恥ずかしがらずに。

これが日本においては、国家と歴史と民族、言語が地理条件と一致して統合されているように思えてしまう。
幻想に過ぎないのに。グローバル化の進行でこの幻想も揺らいできた。
そしてこれからますますあいまいになってゆく。多様性が増してゆく。

あいまいになるとこれまでのステレオタイプの価値観が通じなくなり不安になる人々がいる。
世界が動いて多様化しているのに隣近所の異質な存在にしか目が行かなくなり、
機能しなくなった単一幻想をますます偏狭にしてすがってゆく。
そこでは無根拠な排除が行われる。排除していることすら罪悪感をいだかなくなるかもしれない。

刊行記念講演で著書の温又柔さんはこうおっしゃっていた。
そんな世界に生きる子供たちが、異質であるゆえに狭間に追いやられることがあるならば、
その狭間こそが真ん中であると胸がはれるような物語を書いてゆくと。
d0018375_20462224.jpg


これからますます重要になってゆくでしょうね。

以上



[PR]

# by zhuangyuan | 2017-08-13 21:10 | 言葉 | Comments(0)
2017年 07月 18日

ネット時代 中国語は世界語になった

「パリの昼下がりマルチリンガルのギャルソンのおかげで、私は、少しヴェトナム風にアレンジされたとてもおいしい広東料理にありつくことができました。中国語を身に付けておけば、(たとえフランス語やドイツ語やタヒチ語ができなくても)世界中の至るところでこのような口福に恵まれるチャンスが待ち受けている」P62


「中国語はじめの一歩」にある一説です。


パリのチャイナタウン(Porte de choisy)で華僑が営む広東料理店で食事をすると、街の外から来たであろう著者に店員は普通語で話しかけたという。その華僑二世である店員は広東語は家庭で覚え、普通語はコミュニティスクールで習ったという。パリでも中国語が話せる時代です。


私は32歳で中国語を始めましたが、学生時代の第2外国語はスペイン語でした。中国語は北京でしか通じないローカル言語だと思ってた。確かに今でも各地各地で方言が使われます。本書によると漢語方言は大きく10区にわけられるという。実際に以前友人に紹介してもらったテレビドラマDVDは主人公が四川訛りでさっぱり聞き取れませんでした。全部普通語字幕がついてます。


ところが昨今の普通語の普及ぶりは目を見張るものがあります。テレビと教育の浸透に加え今では世界第2の経済大国となった中国は史上初めて音声言語統一されたような。かつては、北京人にとって世にもおそろしいと言われた「広東人の話す普通語」も若い人たちなんかはすっかり洗練されました。香港人もしかり。今では香港映画も普通語バージョンが必ずあるしジャッキーチェンだって普通語喋ります。


海外に渡った華僑たちの大半は広東、福建あたりから出ていますが彼らも普通語習ってる。かつてはチャイナタウンごとにそれぞれの方言が話されてた。知人の親戚は台湾華僑でニューヨークに渡りましたが、チャイナタウンで福建ベースの台湾語が通じずに、チャイナタウンで広東語を覚えたという。


チャイナタウンのある外国にとっても中国の重要性が高まると同時に教育として中国語が導入される。この場合もちろん普通語です。すると華僑の子息も勉強します。


本書よるとアメリカでは1994年に普通語がフランス語、スペイン語とともに学校教育の第1外国語の選択肢に入ったという。P63


学生時代シドニーで小学生の日本語で話しかけられた。学校で習ってるって。でも今は中国語に押されてる。


華僑の子息が大陸で普通語を学ぶことも増えている。もう10年前ですが私が北京で語学コースに言った時、上級クラスの1/4が華僑の子息でした。アメリカ、オーストラリア、香港人も来てました。一番遠くはスイスの中華料理店の娘。インドネシアの華僑は暴動から逃げて来ていました。彼らは上達が速い。特に会話は。生活言葉だけは苦もなくできる。では方言とはいえ漢語世界ですからね。でも漢字ができないんだよね。時事問題なんかの漢語表現は全然ダメ。それらの漢字は和製漢語だから俺の方ができた。まあそれはともかく方言世界が中心だった世界中の漢語世界に、北京で学習した子息を通じて普通語が浸透してゆくのです。


アジア各国ではチャイナタウンに行くまでもなく経済は華僑が握っていますのでビジネスの世界ではたいてい普通語も通じます。普段はグループごとに広東語、福建語、潮州語なんかを話してますがみんな集まると普通語喋ります。つまり普通語が共通プロトコルになってる。もちろん漢字が古代からその役目を担って来たわけですが、そこに音声も加わり最強言語となった。


アヘン戦争に敗れて停滞した中国は、その原因として複雑すぎる漢字とそれによる識字率の低さをあげた。毛沢東は簡体字とピンインを導入した。しかしスマホでピンイン入力できる今、漢字の壁は越えた。しかもネットでつながるテキストの時代、表意文字である漢字のメッセージ力の強さと効率は驚異的。試しに140文字で比べてみてね。


ただし中国語の漢字には使われるその場の環境によって意味する範囲や時の感覚が異なって伝わることがある。その意味でテキストだけをネットに放つのは、受けとられ方を考えないとね。


まあ言いたいことはネットで世界の垣根が取れて中国語が世界語になったってこと。しかもですよ中国語ができれば4000年のアーカイブにアクセスできるんです。


以上



[PR]

# by zhuangyuan | 2017-07-18 21:08 | 中国関連DVD、本 | Comments(1)
2017年 07月 15日

チャイナタウンの隠された秘密地下トンネル

米墨西海岸国境の町Tijuana から国境沿いに西へ向かった。荒涼とした岩場を、照りつける日差し下、二時間以上かけて通り抜け目的地Mexicaliにつく。 何もないところをワンウェイの山道が曲がりくねって続くのだが、かつてここは対抗車線もあったそうだ。あまりにも事故が多いためもう1本道路を通したと言う。圧倒的な不毛の地に人間の営みの小ささを思うとともにそこに道を通す意志の偉大さを感じる。
d0018375_09132073.jpg


太陽がきつすぎて人影もまばらな町を通りつつメキシコ人の彼が言う。

「ここMexicaliの名物料理はなんだと思う?」

メキシコ各地には地のものを活かした地元料理があると言うがメヒカリではそれが中華料理だと。

国境の町メヒカリには中国人移民がたくさんいて
その子孫たちが営むチャイナレストランが町に200軒以上あるそうだ。

d0018375_09132198.jpg



華僑が住む世界中の町で人口に対する比率で言うとサンフランシスコに次ぐ大きさだという。

今でこそアメリカとの貿易が多くマキナドーラ(保税加工区)が軒を連ねるこの町も、かつては何もない枯れた土地であったことが周囲の土地の諸相から推測される。そもそもなぜ中国人たちはここに住み着いたのか?こんなにも太陽が照りつける土地に。私が過ごした時は日中華氏107度。(42℃)暑い暑いと嘆いていたら3週間前は51℃だったとお客さんが教えてくれた。

19世紀カルフォルニアに鉄道を引いた時、大量の中国人が人苦として雇われたが、敷設後にはお払い箱となった。そこでその労働力を荒れ地開拓に利用しようとした会社があった。コロラドリバーカンパニーが中国人労働者に利益の5割を配分する条件で綿花を作らせた。その労働者が住み着いたのがメヒカリだという。1930年には労働者3万人に上ったという。

https://sandiegofreepress.org/2015/04/the-chinese-in-mexicali/

一緒に夕食した地元の方曰く、今ここに住む中国人のパスポートは19世紀に発行されたものそのものだという。そのものと言っても理解できないでしょう。1900年代初頭に来た初代が亡くなるとパスポートを息子に譲る。息子は写真を張り替えて使う。そして三代目もしかり。生年月日は例えば1870年と記載があったとしても漢字なので係官は気づかない。遠くから来た中国人のミステリアスなイメージがこんな都市伝説を生み出すのでしょう。バクチ好きの中国人はカジノが禁止されていた時も地下に賭場を作り楽しんでいたと言う。またアメリカとの間に長い壁ができた後は国境向こうまでトンネルを掘り自由に行き来していたと言う。ホントかウソか今も中国人の作ったトンネルツアーが観光プログラムに取り上げられているそうだ。

こんな記述を見つけました。
https://america.cgtn.com/2016/06/08/a-guide-to-the-largest-chinatown-in-mexico-la-chinesca

Less than a century ago, La Chinesca, Mexicali’s Chinatown was made up of a series of underground tunnels and basements under Chinese storefront shops. The Chinese built these underground tunnels to escape Mexicali’s oppressive heat and also to hide from Mexico’s immigration authorities. Historians say because of Mexicali’s proximity to the border, bootleggers also used the tunnels to smuggle alcohol to the U.S. during prohibition. Now, tours are given to commemorate this lost community.


100年足らず前にメヒカリのチャイナタウンは中華風の店の下にあるトンネルと地下室で作られていた。中国人達はメヒカリの強い日差しを避けるため、または移民管理局から逃れるためにトンネルを作った。歴史家が言うにはメヒカリはアメリカ国境に近いため、禁酒法時代に密造酒業者たちもまたトンネルを利用しアメリカにアルコールを密輸した。今ではこの失われたコミュニティーを懐かしむツアーがある。

その土地にその土地の秘密がある。

今もなお発見されていないトンネルがあるんでしょうね。誰が使っているかは問わないことにしよう。

以上



[PR]

# by zhuangyuan | 2017-07-15 09:02 | 文化、歴史 | Comments(0)
2017年 07月 12日

ロスのオタクはアクティブガイ

Uberは2分でやって来た。

ブルーのTシャツ、赤い短パン、黒髪にレイバンのサングラス。日焼けした肌は笑顔がよく似合う。

プリウスに乗り込むなりドライバーがいう。

"Are you from Japan? Your name sounds like Japanese."

私がうなづくと今度は日本語で続けた。

「ワタシハ オタク デス」

聞き取りにくかったので確かめてみた。

"Do you know what you mean?"
"Yes, I do. I'm a nerd!
I like Japanese animation and games."
d0018375_14025686.jpg


日本大好きのオタクだという彼はつい先日、日本に旅行したらしく、池袋でフクロウカフェに行ったという。

Owl cafeってのはじめはなんのことやらわからりませんでしたが何度か聞き返してやっと理解。

それでもわからない人に一応説明しておきますと、カフェに行くとたくさんフクロウがいる。猫カフェのフクロウ版。

「それじゃあメイドカフェも行ったんだろ?」
Yes, once.
やっぱりオタクならこっちに来ないとね。

日本のアニメソングのコンサートなんかもロスで行くことあるらしい。私のためにカーステレオで日本の歌手をかけてくれた。

LiSA
d0018375_14025718.jpg


すいません。しりません。

彼はお気に入りの漫画もいくつか紹介してくれた。デスノート、鋼の錬金術師 etc.
全部読んだことがありません。

かつてはアメリカで日本人歌手って言ったらスキヤキソングくらいしかなかったのに今ではロスの若者がこっちの知らない日本の世界をディープに知ってる。

"I also have to study Japanese culture."

と言ったのはいいがこれはもはや「日本の」という形容詞をつけてよいのかわからない。ただ世界に漂う無数のコンテンツの中でニッポンというタグがついているだけなんじゃないのか?風土だとか歴史なんかに根ざした共有の背景から出て来たものでなく、私自身はまったくシンパシーを感じない世界です。クールジャパンだか、ようこそニッポンだか知りませんが単純に日本文化としてくくりきれない世界が広がってる。黒人ヒップホップをラストベルトのカントリーおじさんが理解しないのと同じかな?

フラットな世界では細分化が進んでる。

日本の好きなアニメをネットで見て、アニソンをiTunesでダウンロードする。ネットさえつながればいくらでもコンテンツにアクセスできる。そこにはマスで測られたヒットチャートもランキングもない。細かい領域の中での口コミ評価がものをいう。その中のスターは他の世界では知られない。ロスでライブやるアーティストを日本人の私はまったく知らないない。

でも彼は2次元にとどまらずリアルの世界へも出てゆくから面白い。お金貯めたら日本に行ってみる。泊まったのはAirBnBだって。日本の学生がシェアハウスして外国人観光客を泊めているらしい。

片言の英語と日本語で話をして一緒に飲みに行ってラーメン食べる。「ラーメンがハングオーバーに効くってのは知らなかったよ!」それ以来、ロスでも飲んだ後にはカップラーメン食べるって。

彼は言ってた。アメリカ人は内向きでダメだと。外に出ないからアメリカだけが世界だと思ってる。トランプの支持者のこちです。

彼、今度は日本で英語の教師をしたいって。そのために英語教育を学んでる。学業の合間にUberでアルバイト。好きな時に稼げるから学生にあってると。なんかいいよねこういうイマドキ生活。

彼は以前も英語の教師をしたことがあると言う。なんとその仕事場はラオスのビエンチャン。
プエルトリリカンとフィリピーナの間に生まれた彼はクリスチャンの宣教師としてラオスに行った。共産党政権下で大っぴらには布教できずに教会がないので家の中で布教したと言う。英語教師の仕事は時給15ドル。ラオスでは大金です。

今度はちゃんと英語教師の資格を取って日本に向かいたいそうです。

フラットな世界では意思があれば低コストでいろんなことが実現できる。日本でオタクネタ発信するんだろうな。

あっという間に空港に着いた。

出発フロアが混んでたので到着フロアに車を回してくれた。Uberは時間によっては到着フロアへは入れない。到着客待ちもダメ。既得権を守るべくタクシー業界が妨害してるそうです。フラット化を企み、職を奪うエネミーを。アメリカにもあるのねこういう古い体質。でも新しいものが凌駕してゆくんでしょう。新しい勢力はもっと気楽に楽しんで機能を提供してるだけ。

これから行先はメキシコ。
フラットなボーダレス時代にリアルな壁を作ると言ってるその向こう側へ。

以上


[PR]

# by zhuangyuan | 2017-07-12 13:58 | 文化、歴史 | Comments(0)
2017年 07月 09日

Uberのお兄ちゃんにいろいろ聞いてみた

アメリカで初めてuberに乗りました。

夕食後ホテルまで送ってもらうはずの方が酔っ払ってしまったためUberにしようと。一緒にいたカナダ人も初めての体験だと言うので私のスマホで呼び出し。こういうとこ便利ですよね世界中で同じデバイスと同じアプリが使える。カナダでは体でUberは浸透していないらしく、アメリカに住む娘さんがUberを使ったらしく安全を心配してました。ちょっと時代錯誤。いかに素晴らしいサービスか説明しておきました。ドライバーの名前も車種も登録されてて乗る前にわかるし、ドライバーにレイティングされてるから点が低いのは選ばなきゃいい。こういう私もアジアでしか経験ないですが。

ともかく呼び出して10分待つと街灯のない真っ暗な坂道にヘッドライトが現れました。ホンダシビック。来る前から車種はわかってます。
d0018375_00311806.jpg


ドライバーは若い黒人お兄ちゃん。なぜか金髪に染めている。そのお兄ちゃんはやたらとレーティングが高い。5点満点で4.97。ずいぶんいいレートだねと兄ちゃんに言ってみると、「俺が人が好きだからね、ドライブも楽しいし」と。これがUberいいとこですねタクシーと違って仕事としてやっていないから気楽に楽しんでる。「座ってて話してればお金もらえるんだよ。最高さ!」

いい機会なのでいろいろ聞いてみよう。

今日は何人乗せたと聞くと、なんと25人だという。予想以上の多さにびっくり。儲かるね?Not bad!

Uberの資格ってどうやってとるの?
めっちゃ簡単だよ。オンラインで申請するだけ必要項目書き込む。例えば信用状況だとか犯罪歴だとかドライブ歴なんか。全て回答すると各地にあるUberのハブで車をチェックしてもらえばそれでオッケー。スマホをつないだらすぐにビジネス始められるって。仕事にノルマはないがドライブの間隔を開けてはならない。2ヶ月商売しないと権利はなくなっちゃうって。でもまた申請できるみたい。報酬は運賃の75%。ほんと楽しそうに話してるんだよね。

ついでに嫌な話も聞いてみた。
Uberの社長辞任したのを知ってる?
え?そうなの?知らない。なんで?
セクシャルハラスメントだよ。

「Oh no!なんでそんな金持ちがそんなことする必要あるんだよぉ!」

まさに同感です。でも社長の不祥事も一切興味がないってとこもUberの良さがあるかもしれない。会社っていうか社会の仕組みみたいな感じ。忠誠心なんていらない。ドライブが好きだから乗る。それでお金稼げる。生活のためじゃない。副業として。いいねこういうの。
ところでさ君はどのくらいUberの経験があるの?
「まだ3週間さ!」
「Wow!」

ホテルに着いてカナダ人に聞かれた。
「あとでカードに請求があるの?いくらだった?」
「12ドル」
「Oh cheap! 今度からUberにするよ」

以上

[PR]

# by zhuangyuan | 2017-07-09 00:27 | 時事 | Comments(0)
2017年 07月 02日

クールビューティの名演技は誰に対して?

「終電車」を名画座で鑑賞。
?Le dernier m?tro?
カトリーヌ・ドヌーヴ主演。
d0018375_09561487.jpg








昨年からフランス語を習い始めた私は46歳スタートなのでできるだけ効率的にやる必要があります。
かつモチベーションを保ってやらないと暗記力低下によるモラール低下に勝てませんので
noteに記載して観客効果を励みにしています。



これはフランス映画千本ノックの一環。
千本ってのは白髪三千丈くらいの意味ですよ。
ただともかくフランス語に触れるための機会をつくってるのです。

池袋文芸座でチャップリン「独裁者」との二本立てでしたが最後の演説の迫力で「終電車」の印象がぶっ飛んじゃいましたが、
これはこれで名画の誉れ通りに考えさせられる内容でした。

ナチス占領下のパリの劇場が舞台です。

ユダヤ人支配人兼演出家が迫害を恐れ南米に亡命し、女優である妻が劇場を経営している。
と見せかけて実は旦那を地下に匿っている。
旦那に代わる新しい演出家は時勢にさとく行動しナチス迎合批評家ともうまくやる。
新しく公演する舞台の主演俳優は裏ではレジスタンス運動をしている。

ただし皆がそれぞれに抑制的でしかも自分を何かに仮託して演じてるようです。
映画ですから我々観客に対して演じてるのは当たり前ですが、ここではそのドラマの中にさらに劇場がありそこでも二重に演じる。
それだけでなく、主役のマリオンは本心を見せず気丈に振る舞い、俳優は抵抗心を抑えつつ生きる。
その2人は互いの愛も表に出さない。演出家は批評家におもねる。本心か否かは別として生きるために。
批評家は時代の強者に合わせてナチス寄りを過度に演じる。
つまり映画という劇中世界で他者に対して自分を隠し演じる。つまり三重構造。

観てるこちらにどの階層での演技か分からせつつ、自然に演じる技術は並大抵じゃない。
で最後にはこちらも騙されるのです。ふふ。

ナチスが負けた後に全てはひっくり返る。

支配人は地下から這い出し、演出家はしょっぴかれ、批評家は逃亡する。
政権の趨勢により180°転換する価値観と人間模様。媚びや追蹤あるいは抵抗。
ただパリの市民はナチス占領下においても劇場に足を運び、さらに時代が変わったのちも通い続ける。たくましい。

それにしてもその入れ替わる主従関係のよって立つところが隣国同士であるドイツとフランスであることがヨーロッパを複雑にしている。
その両国が今ではEUのリーダーとして共通目的のもと手と手をを携える。
この辺は島国の私には理解しがたいですがヨーロッパにおいては何千年も繰り返ししてきた1ページに過ぎないのかな?
でも連続してる現代から振り返るとこの時代は狂ってる。
であるからこそナチスってのが突然変異で生まれて消えたってのがこの時代の言い訳には一番しっくりくるんでしょうね。

以上

[PR]

# by zhuangyuan | 2017-07-02 10:21 | 中国関連DVD、本 | Comments(0)
2017年 06月 25日

映画「メッセージ」がとどけるメタ的言語ワールド



映画「メッセージ」鑑賞


ある日、地球上の11ヶ所に宇宙船が現れる。


目的は不明。


アメリカでは来訪者の真意を探るべく言語学者ルイーズが選ばれた。

彼女は多数の言語を操る天才。


宇宙船に軍とともに赴き異生物たちの発する音や記号を理解しようとコミュケーションを図る。7本足の生命体(ペプタポッド)はそれぞれ名付けらることで個性を持つ。宇宙船空間は重力の方向が地球と異なり異生物はどうやら吐き出した墨の形状がいわゆる文字の働きをしているようだ。その文様をルイーズが解析し意思疎通が進み出す。


ところが中国では相互理解の前に先制攻撃が決定される。果たして全面戦争は避けられるのか?題名が示すように映画の主題はメッセージ。世界11箇所にメッセージが送られひとつひとつでは解が得られない。世界は協力できるのか?異生物の目的は?


言葉好きにはたまらない興味の尽きない内容でした。表意文字アルファベットをボードに書いて通じるのか?中国の表意文字、漢字はいかに?異生物の墨文字は正面から見た平面で捉えて良いのか?立体であれば見るものの位置で意味が変わるはず。回想として挿入されるルイーズと娘の意思疎通はいかに変化してきたか。


つい先日読んだ本を思い出しました。


「文芸翻訳入門」



その中に移民収容センターの話がありました。


移民たちの半生を作家が聞き出して物語を紡ぐ。

その文章には何パターンの翻訳行為があるのかを問う入試問題が出されたといいます。


正解は

①移民の話を作家が書く翻訳

②移民と作家の間に入る通訳による翻訳

③作家自身も外国出身で英語を外国語として話す。これも一種の翻訳行為。

④この物語を日本語にする翻訳

計4つ


どの局面においても誤訳が入る可能性があるのです。


一方、この映画メッセージはどのくらいの翻訳行為があるのか?


①宇宙人の言葉をルイーズが英語に翻訳

②それを日本語字幕にする翻訳

③原作小説から映画を作るという翻訳

④小説の作家は中国移民の息子ゆえに英語で書くことはすでに翻訳行為


字幕作成という行為は翻訳のさらに翻訳と言える。この映画の宇宙生命体の言語にはどうやら時制がないらしいのですが、それを字幕を通して読むと、意味の取れない部分が元の言葉にあるのか、字幕の限界にあるのか一度観ただけで判別出来ませんでした。


上にあげた本にはこうある。


「普段はなじみのない事柄など直訳では伝わらない要素は役者がそうさくして補わねばならない。

だから、字幕は翻訳と言うよりは脚色なのだと思う」P233


「映画は原作に対する一つの読み方を提示するにすぎない」P244


ちなみに原作はStory of your life(あなたの人生の物語)

それが映画になるとArrival(到着)に翻訳され

さらには邦題になると「メッセージ」になる。

主題が変わっちゃうほどの翻訳です。


原作の1つの解釈である映画も観客それぞれが自分のそれまでの体験の積み重ねを基にしてそれぞれが翻訳して消化する。


そしてその元のもとの原作はアメリカに渡った中国人の子孫が書いている。

そして映画では中国語が重要なキーになる。これは映画としてのオリジナルだというから面白い。


ともかく言語がテーマであり言語が地球さらには宇宙に与えるものはなんなのだ?


これは観てのお楽しみ。


言語の違いが分裂を生むのか?それとも?


以上





[PR]

# by zhuangyuan | 2017-06-25 11:02 | 映画 | Comments(0)
2017年 06月 11日

まつろわぬ民の魂を胸に

「まつろわぬ民2017」風煉ダンス@高円寺・座



d0018375_22433880.jpg

出張予定が決まらずに前売券を買えなかったけど、当日券があると知り行ってみた。

こんな最高の舞台を危うく見逃すところでしたよ。私 、白崎映美さんの歌声を聴くとなぜだかこころが疼くのです。


ゴミ屋敷に暮らす老女スエ、開発を目論む女性政治家、解体業者、役所の職員、ワイドショー、

ゴミ山に登る老人と娘カップルが絡み合いナンセンス連発のドタバタが始まります。


人々に捨てられたモノモノモノ、人々にとってゴミでも屋敷の住人にとってはかけがえのないもの。

テレビ、冷蔵庫、電話、こたつ、アイロン、これらものたちがそれぞれ人格を持って、解体作業に対して立ち上がる。

実はこの屋敷は千年前の蝦夷軍団の根城だったのだ。ミカドの支配に従わないまつろわぬ民の末裔なのです。

というかまつろわぬ民そのもの。

千年の時を行ったり来たりする異空間が舞台にあらわれる。

画一化した経済至上主義という錦の御旗を掲げて、合理化という正義で異質なものを排除し、

古いものを捨て、裏側に溜まるものには目をつむる。

そんな体制に反旗をひるがえすまつろわぬ民たち。


ゴミの中には登山老女がかつてお気に入りだったお人形のレイコちゃんもいた。

このおばあちゃんは認知症の兆しあり。レイコちゃんには独眼竜の眼帯がはめられている。

おじさんがいたずらしてマジックで書き足したという。世界が半分見えない。というか見たくない半分を見ないのだ。

その見ていない半分はなんなのだ?

男性に従う古き良き女性像の中で耐えてきた女性自身か?

過去に捨ててきた偽りの自分か?

社会の歯車として押し殺してきた個性か?

安定のために封印した怒りか?

ともかく劇のあいだ中に刺激ある言葉や暗喩がこころにしまったはずの思いを刺激するのです。


蝦夷の一族にはミカドと戦うべく村を後にした若者がいた。彼の名はサンベ。

ゴミ屋敷を解体する若者がそのサンベだとスエがいいだした。息子サンベが帰ってきた。

そしてミカドと改めて戦うのだ。皆は帰ってきたサンベの信憑性を疑う。

でもスエがサンベだと言ったらサンベだと。まつろわぬ民たちもトップに盲従するというブラックユーモアが笑える。

サンベは神話の中だけで生きているファンタジーのはず。であるからこそ皆の魂のよりどころとして機能する。

実際のサンベの行く末は追求しないのが皆の暗黙の了解。

でもサンベが持っていたまつろわぬ魂は誰の胸にも消えずに残っているはず。


ゴミ山解体のクレーンが動き始める様子は見ていられないほど苦しいのです。

権力に自らを委ね力を背景に自ら鉄の塊を振り回す。勢いのままに。その勢いは止められない。

意志がなくなっても惰性は止められない。


私も社会の一員として組織に属しつつもも自らを捨てずに生きている自負はありますが、

白崎映美さんの歌声が響き出すとなぜだか涙が込み上げてくるのです。俺はまつろってるのか?

何かを抑え込んで片目で世界を見てるのかもしれないな。

あるいは、安逸を求めて身をゆだねたい気持ちがどこか奥底にあるのか?


舞台が終わってもしばらくざわざわが止まりませんでした。


ところで白崎映美って名前はエミシとだぶるなあ。




以上



[PR]

# by zhuangyuan | 2017-06-11 22:57 | 文化、歴史 | Comments(0)